失敗や炎上をしやすい傾向にある人の為の回避策

SNS投稿上で失敗や炎上しやすい人

情報伝達以外の目的でSNSに投稿する人は、多くの場合、承認欲求・共感欲求といった誰かに認められたいという欲求や誰かと一緒に分かち合いたいという欲求に根差しての投稿であり、承認されることもしくは共感を得ること自体が目的の投稿になるわけですが、人生観・価値観・政治観に関わる投稿をする人・他人に対して攻撃的な人・人の心の機微に疎い人・流れを読めない人は、SNS投稿で共感の失敗を招きやすい傾向にあります。

誤字脱字や単純なミス以外のSNS投稿失敗は炎上を招き、承認欲求・共感欲求を満たすどころか、自尊心からはじまり果てはプライベートまで破壊されかねないリスクを伴うわけですが、SNS投稿で共感の失敗を招きやすい人に限って、承認欲求・共感欲求が強いことも、SNS炎上が後を絶たない理由です。

失敗や炎上しないSNS投稿のポイント

SNS投稿に失敗しないためには、投稿内容の精査・投稿前の確認・自制の三つがポイントで、投稿内容を精査して、投稿前に投稿予定の内容を全文通して読み直し、挑発的な投稿や悪質な投稿をせず、自分がされて嫌な投稿をしないことを心掛ければ、SNSでの投稿はまず失敗することはありません。

これではSNSを利用する意味が無いと思われる方も居られるかも知れませんが、一般人の承認欲求や共感欲求は、余程のことがなければ小さなコミュニティで満たす程度が限界で、その規模の欲求を満たす小コミュニティを作りたければ、メジャーなSNSツールの中では秘匿性の高いコミュニティが構築できるInstagramを利用するか、あらかじめ存在する小コミュニティでのやり取りにLINE@を利用するか、Twitterのアカウントを非公開にしておくことで秘匿性を高めるといった方法があります。