投稿の失敗とSNS炎上

SNS投稿の失敗を避けるべき理由

家族や学校・職場のような、特定個人・団体との情報伝達のみに特化したSNSの利用を行っている人とSNSによる独自のコミュニティ構築を行っている人や自己承認欲求を満たす為に、不特定多数からの共感を得ることを目的としている人とでは、SNS投稿の失敗を避けるべき理由も異なりますが、いずれにしてもSNS投稿の失敗はできる限り避けるべきでしょう。

理由は至ってシンプルにコミュニティ内での信用を失うリスクが生じるためで、情報伝達用のコミュニティの場合、家族や友人間のコミュニティならまだしも、学校や職場に情報が正しく伝わらなかったり、誤情報が伝達されてしまったりすることは、ストレートに社会的な信用を失いかねませんし、趣味や不特定多数の匿名個人とのコミュニティにおいて、誤情報やコミュニティ内で共感性を得られない投稿を行う事もまた、コミュニティ内での信用や共感を失うことに直結するためです。

投稿の失敗が招くSNS炎上

情報伝達手段としてのSNS投稿の失敗ではまずないでしょうが、コミュニティ内での共感目的での投稿に失敗してしまうと、最悪の場合SNS炎上を招きます。

四大SNSツールである、Twitter・LINE@・Instagram・Facebookの中でも、特にSNS炎上を招きやすいSNSツールがTwitterでSNS炎上といえばTwitterと言って過言ではありません。

SNS投稿に端を発したSNS炎上は、投稿したSNSツールの性質を色濃く反映する結果を招くわけですが、匿名性が高いものの敷居の低さから利用者数が多く、ネットリテラシーに欠ける投稿者が少なくないTwitterは、攻撃的な投稿内容が投稿されやすい上に、投稿閲覧の容易さから過去の投稿内容から、個人情報を特定されることも少なからずあり、住所氏名まで特定されるケースも少なくないのです。