SNSの役割と主なSNS媒体

スマートフォンの普及に伴いSNSツールが普及するに従って、無数に存在する投稿の中でも共感性に乏しい投稿(罵詈雑言や政治批判、悪質な情報拡散等々)が非難を集め、炎上を招くような土壌が生まれてしまいました。

共感性に乏しい投稿は投稿者自身の投稿の失敗を意味し、これは承認欲求・共感欲求のいずれを満たすこともできないことを示してもいるわけですが、同じような内容の投稿に見えるにも関わらず、片や共感を得られ、片や共感を得られないといった場面に遭遇した記憶はありませんか。

もしも、そのような場面に遭遇した方やそのような経験をしたという方が、投稿タイミングが悪かったり、投稿内容が過去の投稿内容と矛盾していたり、常日頃から共感性に乏しい投稿を繰り返していたなど、いずれかに当てはまっていれば答えは単純明快で、あなたの感受性がコミュニティのそれと著しく乖離していることが想定され、この場合にはSNSの投稿に適性があるとは言い難い性格や思想を持っていることが共感を得られない根本原因として疑われるため、自身とコミュニティ間の共感性の相違点を洗い出さなければ、承認欲求・共感欲求共に満たすことは難しいと言わざるを得ません。

では、投稿に失敗しにくい人はどうかというと、共感性の高い投稿を継続して発信しながら、一貫性のある投稿を行っている人や、流れを読むこと即ち人の心の機微に敏感に反応してTPOに則した投稿ができる人が多く、極端な話、塩がしょっぱい砂糖が甘いといった、当たり前の共感を安定発信することでスタンダートに共感を集める人こそ、投稿の失敗からは縁遠い人になるわけですが、残念ながら投稿が埋没しやすい傾向も見受けられます。

SNS投稿で失敗する人と失敗しない人にはどんな違いがあるか

SNSによる投稿について考えるに当たって、SNSの基本的な役割と代表的な媒体は、是非とも押さえておきたい基本ファクターです。 SNS投稿を円滑に行うためにも、SNSの役割と主な媒体それぞれに関する基本的な情報についてまとめると共に私見を述べました。

投稿の失敗とSNS炎上

SNSにおいての投稿の失敗を、誤字脱字や投稿漏れをはじめとした単なる投稿ミスよりも、著しく共感性を欠いた投稿、攻撃性が高い投稿、場の流れを乱す投稿などのように、承認・共感を得ることに支障をきたす投稿に本義があるものと見做し、そのような投稿がSNS炎上につながるリスクにも言及しています。

失敗や炎上をしやすい傾向にある人の為の回避策

SNS投稿の失敗や、その失敗によって誘発されるSNS炎上の要因について理解を深めるために、投稿の失敗によってSNS上で炎上を招きやすい傾向にある人に対する考察を行うことで、SNS投稿を失敗する要因を絞り込みつつ、投稿の失敗及び炎上の回避策をとりまとめることを試みたページです。